毛布製造事業(毛布部)

創業以来守り続ける伝統技術と新しいものに挑戦する柔軟な目

日本には四季があります。この四季があるがゆえに
日本では、古来より創意工夫をし試行錯誤して、
感性が磨かれてきたのではないでしょうか。

風合いという、とても曖昧な言葉があります。
この風合い(肌触り)は、日本人にしか理解できない
独特な感覚的なものですが、とても重要な要素なのです。

職人の手の感触でつくり出される絶妙な感触は、
繊細な日本人に受け入れられていました。
これらは、世界の人々にも通用する大切なことなのです。

毛布部へのお問合せはこちらから

▼毛布部 展示室   写真をクリックすると大きな画像をご覧いただけます。
毛布部展示場

 

▼製造工程   写真をクリックすると大きな画像をご覧いただけます。
製造工程

実用新案特許

 登録第3047777号  考案の名称 「かさ高ムートン調あわせ毛布」

 登録第3030365号  考案の名称 「敷きパット」

 登録第3030366号  考案の名称 「ダブルフェイス毛布」

 登録第1711455号  考案の名称 「三層わた入れマイヤー毛布」

 登録第3097554号  考案の名称 「表面に立毛を有する立毛布帛」

 

事業部一覧に戻る

トップページに戻る

Copyright(c) 2014 吉田房織物株式会社 All Rights Reserved.